読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOTHING IS EVERYTHING

平成28年1月、家族3人で明日香村に移住。自然に囲まれ自由に楽しく、人間活動中。

やはり治っていた花粉症。

f:id:zen_mondo23:20160610162010j:plain

 

20歳に発症して以来、大嫌いだったこの時期。しかし治ってしまう事もある様です。

 

 

去年の花粉症シーズンもほぼ症状が無くて、「治った!」と喜んでいたものの、去年は例年より飛散量が大幅に少なかったみたいですね・・・。

 

今年の近畿地方は例年通りか少し多め、去年と比べると300%多く飛散する所もあると言う事で、なんとなくそわそわしていましたが、

 

 

 

 

治っています。やっぱり。

 

 

 

 

完治、とまでは行きませんが今までの苦しさからすれば20分の1ぐらい、若干くしゃみと鼻水が出てちょっと目が痒いかな~、ぐらい。薬も必要無し。マスクさえしていればほぼ無症状です。

 

何が効果的で自然に症状が治まったのかは解りませんが、天川村や和歌山・湯の里で汲んできた水を毎日飲み、化学物質が完全排除された嫁飯を毎日食べ、排気ガスの少ない明日香村に住んでいると、治りました。やはり身体に入れる物が重要だと言う事なんでしょう。

 

ところでこの間、数年ぶりに本格的な風邪をひいてしまって2.3日寝込んだんですが、お医者さん曰く風邪を引いて熱を出すっていうのは身体にとってとても重要な事のようですね。なんでも元々身体に備わっている自然の浄化作用だとか。42度以下の熱は薬等で解熱せず、自然治癒力に任せて風邪をやり過ごすと、ガンのウイルスでさえ死に、血管は弾力を取り戻し、心身ともにフルメンテナンス完了状態になって元気が湧き出るとの事。という事で今回かかった病院では熱を出し切るための漢方をメインに処方して貰い、汗搔いてがっつりと寝て治しましたが、風邪の見方がちょっと変わりました。仕事の事を考えると風邪は引けないんですが、長い間発熱しないと言うのは身体にとっては逆に良くないようで、急に大病にかかったりするそうです。